「あかはたおじさん」のぼやき TOP  >  スポンサー広告 >  雑談 >  改めて出発します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて出発します。

13年度分の政党助成金総額320億円総務省は17日、2013年分の政党助成金(年総額320億円)の受け取りを届け出た政党名を公表した。13年分の政党助成金受け取り請求した政党は、自民党、民主党、日本維新の会、公明党、みんなの党、生活の党、社民党、国民新党、みどりの風、新党改革の10党でした。維新、生活、みどり、の3党は初の受け取りとなります。
  政党助成金は、思想・信条や支持政党にかかわりなく国民1人当たり250円の負担を押し付け、税金で政党を助成する憲法違反の制度です。日本共産党だけが受け取らず、廃止を求めています。
  政党助成金の各党の支給額は、基準日となる毎年1月1日現在の所属議員数や、昨年の総選挙得票や前々回(07年)の参院選得票などをもとに機械的に計算されます。
  総選挙後に解党問題で揺れた国民新党(代表・自見庄三郎参院議員)ですが、今夏の参院選で改選となる自見代表が党の存続を決めて政党助成金を請求しました。”政党助成金目当て”と批判されても仕方がない無節操ぶりです。
  昨年末には新党日本、太陽の党、新党きづな、新党大地の4党が総務省に解散届けを提出しながら政党助成金を受け取っています。政党助成金は、本来、国民に根差す政党のあり方をゆがめ、新党乱造を招くなど政党墜落・腐敗させ、民意をゆがめてきました。
  政党助成金制度が実施された1995年から2012年までの18年間で総額5677億円もの巨額の税金が自民等党、民主党、公明党、などに投入されました。
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。